コンポジットレジンの加熱器・印象材の冷却器

臼歯のダイレクトボンディングは咬合面(歯の上の面。咬み合う面)にこのような山と谷を作っていくのですが、その際にレジンの操作性が重要です。柔らかいものだと凸凹に詰めても固める前に(光を当てるとかたまります)溶けるように平らになってしまいます。硬いレジンだとそういうことは回避できるのですが、こんどは窩洞(削った穴)への馴染みが良くありません。上手く表現できませんがボソボソなのです。

最初は柔らかく、だんだん硬くというのが良いのですが(硬化してはだめです)、そんなことがこれを使うと可能になります。要はヒーターです。硬いレジンも加熱すると柔らかくなるのです。物性は落ちません。

特に冬場には活躍します。と思います。まだ買ったばかりなのでわからない(笑)。

逆に夏場はこれが重宝します。チェアサイドに置ける小型の冷蔵庫です。印象材(型を取る粘土のようなもの)は化学変化で硬化しますから温度が高いとすぐに固まってしまうのです。冷蔵保存の指定のある薬剤などもあります。大きい冷蔵庫でも良いのですがそれだと肉とか魚とかマヨネーズとか入ってそうで台所感が強く出てしまってかっこ悪いのです。っていうか邪魔です(苦笑)。

当院のレジンの動画をご覧になると充填時は黄色い照明に変わりますが、レジンは光で硬化するため硬化しない照明を使う必要があるからです。黄色い光だとなぜ固まらないのかは調べればすぐに解るのでしょうが、必要ない知識なので知りません(笑)。本当はイエローライトは立体感が無くなりとても見づらいので、メーカーには自然光では硬化しないで、別の色の光で硬化するレジンを開発してもらいたいものです。何か理由があってそうしないのかもしれませんが・・・ 
いや、贅沢を言ってはいけませんね。コンポジットレジンが世に出た頃は二つのペーストを練り合わせて硬化を待つという材料だったのです。冷やして時間稼ぎしてました(笑)。

エンド由来歯痛

歯内療法は多くの場合痛みを取り除くということが最重要課題になります。その痛みが歯に由来していれば治療効果が出る可能性は高いのですが、それが歯の所為でなければ歯を治療しても痛みは引きません。たとえ抜歯しても痛みは消えません。
幻肢痛という言葉をご存じでしょうか? 怪我や病気によって四肢を切断した患者さんに現れる失った部位の痛みをいいます。これと同じようなことが歯でもおきるのです。

私にはこういった歯に直接原因の無い種類の痛みを取り除くことはできません。つまり治療することができないのですが、診断する能力は高めておく必要があります。学ぶ機会があれば積極的に参加するようにしていますし、書籍も読むようにしています。直せない疼痛に着手するのは患者さんにとっても歯科医にとっても悲劇しか生みません。

ただ歯科医師の中でもこの分野の認知度は非常に低いのが現状のようです。

 

くさび状欠損へのレジン充填

歯頸部の充填には歯肉の圧排はマストです。はみ出した充填がなされている歯をよく見ますが、不潔になってむし歯になったり歯肉炎を引き起こします。摩耗などによって生じたむし歯ではないこの部位の欠損(くさび状欠損)は、程度によりますが変な充填をするくらいならそのままにしておく方が良いです。

4本を1回のアポイントで終わらせるつもりで着手しましたが、結局2回掛かってしまいました。

ガッタパーチャを除去して根管洗浄

ガッタパーチャの除去の方法はいろいろありますが、要するに根管の中が綺麗になれば良いのです。ならば効率よく短時間で終えることは重要です。もちろん安全に確実に行うということが優先します。

再治療は前医が上手なほど苦労します。根尖まで緊密に充填された根管の再治療は大変です。それに比べてスカスカに根管の上部だけ根管充填された歯の再治療のなんと楽なことか(チコちゃん風)。

根尖まで緊密に根充するのは大変な作業で、レントゲンを見るとその歯科医の熱意が伝わってくるのですが、そのことに時間と労力を費やすなら根管内に細菌を入れないことに注力した方がずっと効果的なのです。それは徹底的な感染象牙質(むし歯)の除去と隔壁とラバーダムと緊密な仮封です。

パーフォレーションとサイナストラクトのある上顎前歯コンプロマイズド症例の16ヶ月経過

この症例の16ヶ月経過です。

初診時

赤い線で囲まれた部分が病変です。原因はパーフォレーション。

16ヶ月経過

歯根破折の心配は消えませんが、病変はほぼ消えてlamina dura(歯槽硬線)も現れてきています。良好な経過を患者さんに伝えることができた時は晴れやかな気持ちになります。

プロビジョナルレストレーション

初診の状態。根管治療を終えてしばらく放置されていたためむし歯が深くまで進んでいました。

電気メスで歯肉を切除し、何度もう蝕検知液で染め出してむし歯を取り切った状態です。この後ファイバーコアを立てて形成。

フォーカスが甘い写真ですが、プロビジョナルレストレーション(ちょっと違うのですが仮歯のようなものです)。後ろのボンヤリしているのもそうです。顕微鏡レベルでの適合が、精密な印象への重要なステップです。

11年経過のPFMブリッジと局部金属床義歯

上顎前歯にメタルボンドブリッジ。臼歯はパーシャルデンチャー。下顎は予後が読めなかったので治療に介入しませんでした。その後下顎の前歯(右下1番)を抜歯してレジンの歯を接着させてあります。

この度、義歯の歯が欠けてしまったので来院されました。上顎は安定しています。

セット時
セット時
11年経過 黄ばんでいるように見えますが写真の露出のせいです。セラミックは一切変色しません。
11年経過 拡大

決して良好なブラッシングではありませんが、上顎はあまりプラークが付いていません。従って歯肉の炎症もありません。セラミックはプラークが付きにくく歯肉に優しい材質です。高い精度で治療に介入することが結果的に長期に歯を守るということもあるのかもしれません。オーバートリートメントとの線引きはとても難しいので簡単に答えは出せませんが。

セット前のブリッジ

このように義歯とクラウンを併用する補綴治療ではメタルボンド(金属焼き付け陶材冠)を選択します。義歯のクラスプ(バネのような維持装置)との相性が良いのです。

10年を安定して経過したということは、まだまだ当分は安定した経過を送ると思われます。10年前の健康への投資が成功したということですね。めでたしめでたし(^^)。